Kindleオーナー ライブラリー 始まる (前編)

2013年8月21日より、Amazon.co.jpでKindleオーナー ライブラリーが開始されました。

何でも毎月1冊のKindle本を無料で読むことができるのだとか。

一体どういうサービスなんでしょう??

Amazon.co.jpのプレスリリースによると「Amazonプライム会員でKindle端末(Kindle PaperwhiteおよびKindle Fire/Kindle Fire HD)をお持ちのお客様は、7,000タイトル以上の和書を含む合計35万タイトル以上あるKindle オーナー ライブラリー対象タイトルの中から、利用期間の制限なく最多で毎月1冊無料で楽しむことが可能になります。年会費3,900円(税込)のAmazonプライム会員でKindle端末をお持ちのお客様向けの新たな特典として、追加コストなしでご利用いただけるサービスとなります」とのこと。

そもそもAmazonプライム会員とは、Amazonでお買い物をした時に、お急ぎ便・日時指定が何度使っても無料だったり、全国無料でお届け可能になる会員制度。それに今回、Kindleオーナー ライブラリーという特典が加わったというわけですね。

このKindleオーナー ライブラリー、アメリカのAmazon.comやイギリスのAmazon.co.ukですでに提供されているKindle Owners’ Lending Libraryというサービスの日本版なんですが、本家ではハリーポッターなんかもこのサービスの対象タイトルになってます。

日本ではどうなるんでしょうか。

対象タイトルには、『毎日かあさん』(西原理恵子著)や『夢をかなえるゾウ』(水野敬也著)、『「原因」と「結果」の法則』(ジェームズ・アレン著)、『妻は、くノ一』(風野真知雄著)などのベストセラー作品のほか、『MEDIA MAKERS』(田端 信太郎著)や『東京トイボックス』シリーズ(うめ著)など、Kindle ダイレクト・パブリッシング(KDP)の人気作品も含まれています

そうなんです、一部のKDP作品も対象なんです!
…実はKDPを出版する側では、この制度がいずれ始まるのは周知のことだったんですよね。なぜならKDPセレクトの案内のページに、Kindleオーナー ライブラリーについての記述があったからです。

長くなってきたので、続きは次回!


【Kindleオーナー ライブラリー 対象KDP作品】

東京トイボックス東京トイボックス 新装版 1 [Kindle版]
うめ (著)
¥400


MEDIA MAKERSMEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体 (宣伝会議) [Kindle版]
田端 信太郎 (著)
¥900


ノワールの旋律ノワールの旋律 [Kindle版]
汐海凜 (著), NECCO (イラスト)
¥250

関連記事

コメントは利用できません。

あなたに一押し

ページ上部へ戻る