自己破産の無料相談ナビ ※24時間365日相談受付

自己破産の陳述書の書き方は? ※大事なポイントもチェック!

抱え込んでしまった多重債務や莫大な債務を帳消しにすることができる自己破産。

 

とても強力な債務整理の方法の一つですが、
免責を勝ち取るまでにはいくつかの書類が必要となります。

 

ほとんど債務者自身が裁判所に行かなくていい反面、
この書類準備の方が重労働であると言ってもいいでしょう。

 

具体的には、
破産申立書、免責申立書、債権者一覧、資産一覧などの資料が必要となりますが、
中でも最も面倒なのが「陳述書」です。

 

この書類には「借金を作った経緯」「どうして現在のような破綻状況に陥ってしまったのか」
「今後どうしていくのか」など、自己破産手続きにおける根幹の部分を記述していきます。

 

この書類を作成する際にもっとも重要なのは
「虚偽の記載をしない」という点です。

 

あまりに自分勝手な理由だと免責されないのでは…という不安から
見栄えの良い理由をでっち上げてしまう人も中にはいますが、
もし虚偽であることがばれてしまった場合、免責の可能性がかなり少なくなりますし、
実際に多くの場合はばれてしまうものです。

 

とても基本的なことですが、陳述書には嘘偽りなく、正直な事実とその反省、
そして自己破産後に実際に自分がどのように生活していくのかを、
正直な気持ちで記述していくことが大切です。

 

何か不明な点、不安な点などがありましたら、
まずは法律事務所にメールや電話で気軽に無料相談をしてみるといいでしょう。

 

無料相談を受け付けている法律事務所に関しては
自己破産の無料相談ナビ ※24時間365日相談受付
のページでご紹介しています。

 

自己破産とは?※5分で分かる破産の全て