自己破産の無料相談ナビ ※24時間365日相談受付

自己破産のための必要書類や記入の注意点は?

 

自己破産を申請する際に必要な書類はとても多いです。

 

覚えるのも難しいので弁護士の方に相談してから作成することが望ましいですが、
中には自分で出向いて手に入れなければいけない書類もあります。

 

まず戸籍謄本です。
3ヶ月以内に発行した物を提出してください。
また世帯全員の住民票と課税証明書、源泉徴収票が必要になります。

 

基本的に3ヶ月を過ぎた書類は認められません。
必ず3ヶ月以内に発行した物を提出しましょう。

 

課税と源泉については昨年度分を提出してください。
給料をもらっている場合は、給与明細書のコピー2ヶ月分を、
預金がある場合は通帳のコピー2年分の提出を求められます。

 

他にも自動車保険のコピーや車検証のコピーが必要な場合もあります。

 

確実に必要なのはどこから借りたかを示すための紙です。
これを債権者名簿と呼びます。

 

債権者名簿は自分で作成するしかありませんので、
どこからどれだけの額を借りているかを把握して記述してください。
間違っていると自己破産できない場合があります。

 

意外かもしれませんが、
どうして自己破産をすることになったのかを記述したレポートを要求されます。
しっかりと過程を思い出して書くようにしてください。

 

書類が1つでも欠けていると自己破産することが出来なくなりますので確実に用意しましょう。
地区によって必要な書類が異なるので、まずは弁護士に相談することが望ましいです。

 

当サイトのおすすめ法律事務所でも無料相談を受け付けているので、
ぜひ活用してみてください。

 

詳しくは
自己破産の無料相談ナビ ※24時間365日相談受付
のページでご紹介しています。

 

自己破産とは?※5分で分かる破産の全て