自己破産の無料相談ナビ ※24時間365日相談受付

自己破産にかかる期間は何ヵ月ぐらい?

どうしても借金が払いきれなくなった場合の最後の手段として自己破産があります。誰しもできればかかわりたくないと思っているものですが、人生というのは何があるか分かりません。病気をするかもしれませんし、事故で働けなくなる場合だってあります。そんなときのために自己破産という制度があるのです。自己破産は国が与えてくれた、人生をやり直すための制度です。決して恥ずかしい事ではありません。
自己破産をすると債務が免除され、借金が0円になります。
しかし、自己破産をしようと決めたからといって、すぐに破産宣告がされる訳ではありません。
まずはじめに弁護士もしくは司法書士に相談し、これらの専門家に依頼をして、債権者すべてに受任通知を送ります。ここまででおよそ1~2か月ぐらいの期間が必要です。ちなみに受任通知とは、弁護士もしくは司法書士が代理人となったので、債務者への取り立てや督促を止めてくださいと伝える通知のことです。
その後借金がいくら残っているかが書いてある書面、債権調査票が債権者から送られてきます。ここまでに大体1か月ぐらいの期間がかかります。
すべての債権が分かったら、申し立て書類の作成を行い、裁判所に申し立てをします。およそ3か月から半年ぐらいで、破産尋問が行われ、自己破産の手続きが開始となります。
ですから自己破産をしようと決めてから破産宣告されるまでに、およそ半年から1年ぐらいの期間が必要となります。

 

自己破産とは?※5分で分かる破産の全て